副業の学校必ず1万円がもらえる方法

副業を行うデメリット「知らない事によるデメリット」

副業の学校副業をはじめよう!副業を行うデメリットは?

副業を行うデメリットは?

副業を行うデメリット・・・考えました。

そんなものはない!と言おうと思いましたが、「知らない事によるデメリット」がありますので、そちらを説明します。知ってしまえば、それはもうデメリットではありません。

デメリット1 「怪しい副業にひっかかる」

インターネットにて「副業」という言葉で検索すると、さまざまなものが見つかると思います。
中には、悪質な副業や詐欺まがいの副業なども、あります。

「甘い言葉にはウラがある」
という格言もあります。詳しくは下記でご確認下さい。

判断が難しい場合は、お問い合わせより、その副業の内容を添えてメールして下さい。
100%判断出来るとは言えませんが、これまでの経験からアドバイスは出来ると思います。

デメリット2 「会社に副業がバレる」

サラリーマンが「副業」を行う場合、会社の就業規則に「副業を禁止する」ところがあると思います。

副業がバレる経緯は、他の社員に見つかったり、密告されたりするケースがありますが、その他に「住民税の金額」でバレることがあります。

住民税は所得が多い人ほど、多く支払います。
同じ仕事をして似たような給料をもらっているアタナの住民税が、他の社員や最悪の場合、管理職より高い場合は当然バレてしまいます(笑)

これは、副業の確定申告を行う場合に、間違った方法で申告することにより起こる問題です。
正しく申告すれば問題がありません。詳しくは長くなるので別ページで説明します。

デメリット3 「年間103万円のカベ」

こちらは学生や主婦など「扶養」に入っている方に関係があります。

主婦の方は特にパートなどをする際に「年間103万円を超えても大丈夫か?ダメか?」という質問を受けたことがあると思います。

これは扶養に入っている方(学生や主婦)が、収入として年間103万円を超えると、扶養対象から外れて税制の優遇を受けられないことになります。

はい、難しいですよね。かんたんに言えば、

「アナタは年間で103万円以上の収入がありますね。そんなに収入があるなら、家族の方に対する優遇はいりませんね。父ちゃんに通常の税金を払ってもらいましょう!」

となり、家族全体で見ると支払う税金額が多くなる場合があります。
また、年間で130万円以上の収入がある場合は130万円を超えた金額に8%の税金がかかります。

なお、これは法律ですので仕方ないんですけどね。知っておいて損はありません。

どうしても、年間103万円のカベを超えたくない場合は、副業の調整をする必要があります。