副業の学校必ず1万円がもらえる方法

禁止項目を利用したアフィリエイト。やってはいけない副業

副業の学校やってはいけない副業禁止項目を利用したアフィリエイト

禁止項目を利用したアフィリエイト

アフィリエイトは企業の代わりに「広告やサービスの宣伝」を行い、成果に応じて報酬を頂く仕組みですが、利用規約に違反したり、禁止項目による宣伝活動は行ってはいけません。

利用規約違反に当たると判断された場合は、下記の事項に陥る場合があります。

  1. 提携を解除⇒ 提携を解除されたプログラムの再使用が出来ません。
  2. 獲得した報酬の支払いを拒否⇒ 提携したプログラムの成果報酬を受け取れません。
  3. IDを削除⇒ サービス全体の成果報酬を受け取れません。

一番重い処分はID削除です。
実際に楽天などは規約違反に厳しくID削除が行われているようです。

短縮URLを利用した宣伝活動

ツイッターやブログ、掲示板などに「bit.ly」などの短縮URLサービスを利用して宣伝活動を行う行為。

こちらの宣伝方法は広告配信元のサービスの利用規約違反に当たる可能性が高いです。

他人の著作権を侵害して運営

他人のブログやホームページの内容をコピーして自分のものとして発行や運営をする。

アフィリエイトの規約違反にはなりませんが、元記事の「著作権」に関して、最悪 裁判沙汰になる可能性があります。元記事を参考にすることは問題ありませんので、自分の言葉と考えの記事を発行しましょう。

稼ぐ以前に、賠償金を支払い大損&社会の信用をなくすかもしれません。